お米で探す | Search by Raw rice

日本酒はお米から造られます。いつも食卓で食べるご飯用のお米でも造れますが、より日本酒醸造に適した米「酒造好適米」を使用するのが一般的です。
ここでは代表的な酒造好適米の4種類をピックアップしました。

山田錦
「酒米の王様」と呼ばれる最も代表的な品種。価格は高価ですが、造りにおいて非常に操作性に優れていて酒蔵からの信頼は絶大!酒造好適米でもっとも多く栽培されており、主な産地は兵庫県。
山田錦のお酒は一般的に、雑味なくすっきりとしていて、かつ程よい旨味を酒に残します。吟醸造りに適しているので、結果的にフルーティーなお酒に多いかも。
五百万石
「酒米の王様」と呼ばれる最も代表的な品種。価格は高価ですが、造りにおいて非常に操作性に優れていて酒蔵からの信頼は絶大!酒造好適米でもっとも多く栽培されており、主な産地は兵庫県。
山田錦のお酒は一般的に、雑味なくすっきりとしていて、かつ程よい旨味を酒に残します。吟醸造りに適しているので、結果的にフルーティーなお酒に多いかも。
美山錦
「酒米の王様」と呼ばれる最も代表的な品種。価格は高価ですが、造りにおいて非常に操作性に優れていて酒蔵からの信頼は絶大!酒造好適米でもっとも多く栽培されており、主な産地は兵庫県。
山田錦のお酒は一般的に、雑味なくすっきりとしていて、かつ程よい旨味を酒に残します。吟醸造りに適しているので、結果的にフルーティーなお酒に多いかも。
雄町
「酒米の王様」と呼ばれる最も代表的な品種。価格は高価ですが、造りにおいて非常に操作性に優れていて酒蔵からの信頼は絶大!酒造好適米でもっとも多く栽培されており、主な産地は兵庫県。
山田錦のお酒は一般的に、雑味なくすっきりとしていて、かつ程よい旨味を酒に残します。吟醸造りに適しているので、結果的にフルーティーなお酒に多いかも。